CROSSOVER 1971 -帰ってきたウルトラマン&仮面ライダー-

帰マン&仮面ライダー

【使用フィギュア】
● X-PLUS 大怪獣シリーズ「帰ってきたウルトラマン Ver.2」
● バンダイ ウルトラ怪獣シリーズ20 アーストロン
● メディコムトイ RAH 仮面ライダー旧1号 アルティメット究極版
● HDM創絶 仮面ライダー 哀しみの改造人間編 蜘蛛男

「帰ってきたウルトラマン」と「仮面ライダー」の初回放送日が、なんと1日しか違わないことを知って、その驚きで作った1枚です(いやぁ、1971年て凄い年だったんですね)。

仕上がりには、正直あまり満足していない1枚になってしまいました。
第1話つながりで、新マンの相手にはアーストロンを起用したんですが、あまりわからないですし、ウルトラマンと仮面ライダーの距離感とか配置とか同じ空間にいる感じが薄いというか、なんか合成している感じがわざとらしい(まぁ、合成してるんだけど)とか、いろいろ反省点がある仕上がりになってしまいました。
当たり前ですが、複数のキャラクターを扱う時はやっぱり綿密な配置のプランを先に練っておかないといけないですね。行き当たりばったりでは難しいですね。
このウルトラマン×仮面ライダーは、リベンジでまた作りたいですね。


X-PLUS 大怪獣シリーズ「帰ってきたウルトラマン Ver.2」


ウルトラ怪獣シリーズ20 アーストロン


RAH リアルアクションヒーローズ 仮面ライダー旧1号 アルティメット究極版『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア


HDM創絶 仮面ライダー 哀しみの改造人間編 蜘蛛男

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中